キープレートあれこれ-4

型押しを色々後加工するってだけでも、色んな技法があるのだなぁ〜と実感する実験… 
あれこれのい


あれこれ△「黒ベースに違う色をペイント」だったので、
今回は「違う色(メタリック)に黒をペイント」
なんていうのだったかなぁ〜 人によって違うモノが見えるってヤツ…
そういう感じのに見える〜

ですが、裏面は普通…

見ようによっては、土台がストーンぽいって感じかな


| ポリマークレイ 立体系 | 23:07 | comments(0) | - | - |

キープレートあれこれ-3

作った時は、同じ柄でいろんなバリエーションにした方が、比較しやすいから…としていたけれど
正直、同じ柄のアップはちょっと飽きてきちゃった〜
まっせっかく作ったし、忘れない為の記録でもあるので、ちゃんと(?)載せます〜

あれこれのは…
正面からのパッと見は、昨日のとあまり変わらない感じだけれど、
昨日のは、1枚の粘土に型押しをして焼いた後、表面に色をつけたのだけれど、
今回のは、土台の粘土(裏面と同色…これは黒)と表の粘土の色を変えて、2層にしたやり方…
こっちの方がかなり手間だけれど、出来は、昨日のやり方のとあまり差異が無いような…
使う粘土や色、使いたい柄によって、こっちの方がいい時もあるのかな


裏はツヤッツヤッに磨いた土台の黒粘土
光沢もだけれど、磨いた後の手触り感が大好き〜 大変な磨きが報われる感触です〜


| ポリマークレイ 立体系 | 23:02 | comments(0) | - | - |

キープレートあれこれ-2

デザイン中の作品制作の為に「フィモクラシック」のコンディショニングに1日を費やしたというのに〜 
まさかの失敗… 一番大事な所で途中からボロボロと割れてきた〜っ テンション下がる〜
古かったのか…コンディショニングの仕方が甘かったのか…
正直、今、失敗とかしてる時間ないのになぁ〜 と言ってても仕方ないので、今日は終わろう〜
明日気を取り直してやり直し、再チャレンジしますっ


で、キープレートあれこれのその2


昨日のは、凹にペイントでしたが、今日のは凸部分に色をつけてみました。
裏は、土台の色そのままで、イニシャルスタンプ部分にも色を入れないバージョンで…
ただ、こっちの面は磨いて艶出しに


土台の色とペイントの色を変えるとまた雰囲気が変わりそうですね〜
| ポリマークレイ 立体系 | 23:58 | comments(0) | - | - |

キープレートのあれこれ-1

先週末からの「急性副鼻腔炎」 またまたお薬が奇跡をおこしてくれました〜 
もう、今日はばっちり大丈夫 になってました〜
通ったお医者さんが良かったようで、お薬が自分とズバリ合うモノだったようです〜

今日から、ある作品の制作にかかるのですが、そのデザインの為に、
固めの「フィモクラシック」を使用するので、朝から、卵をかえす親鳥の様に
お腹に粘土のパッケージを巻き付けて温め中…
ホットカーペットだと私が煮えてしまうし、常温じゃ扱えないし、
日中の暑さでは、ドライヤーも極力避けたいので、ひと肌大作戦…デス (それでも、暑い〜

とは別なのですが、先週までのプレートの実験のアレンジ実験というのか…
また違う技法のサンプルが数種類できました
これらはペイント系での表現の違いというか…のサンプルです

ベース黒に白のペイント…
それにあわせて…というか、どうも、ブロックチェックが気になるので、裏面をチェックで

スペース的にアルファベット1文字しか入らなかったのですが、私はこっちが表でいいかも〜

まぁ、色々な技法を1目で見比べられたら、説明もしやすく、選ぶ側も選択しやすいですよね〜
自分自身では、忘れていた技法とかを思い出せるし、それぞれの長所と短所がすぐに見てわかので、
役に立つはずと思って作ったので、ボチボチご紹介していきます〜

| ポリマークレイ 立体系 | 23:25 | comments(0) | - | - |

キープレート

これまでの実験から…というか、流れで、キープレートを作っちゃいました 
昨日ご紹介したダマスク柄の一部を使って、凹凸をなくした技法でプリント風に…

正面(真上)からでは凹凸の有無が分かりにくいですが、斜めからだと

ツルッとなってるのが分かります〜
裏面はちょっと手を抜いちゃったので、イニシャル入れました

チェーン部分を繋げて仕上げなくっちゃ〜

でもっ昨日の夜からの急性副鼻腔炎ぽいヤツ、かなり酷くなって、
朝から病院に行ったら、去年と同じ症状で同じ との事でした…
去年は7月だったらしく、「10か月はもったんだね〜。でもこう繰り返すと慢性になりやすいよ〜」
とかる〜く脅されて… 前回処方された薬がすっごい効いたので、期待してるのですが、
それも「普通は薬飲んでも5日程度は引っ張るから、すぐに効くなんて、前回は奇跡的だったんだね〜」
な〜んてかる〜く否定されて…まぁ、同じお薬出してくれたそうなので、期待してますっ
その後の買い出しの時には、かなりヤバイ状態のまま…でしたが 

ここ数か月、なんだか、ちっさく体調が絶不調… これまでの膿なら、今のうちにでて〜って感じデス
明日からの6ヶ月は、上げていかなくちゃ〜

| ポリマークレイ 立体系 | 23:34 | comments(0) | - | - |

ダマスク模様のコースター

以前に購入したテクスチャーシートの「ダマスク柄」を使用して、コースターを作ってみました 
(って、ただ、大き目に柄の確認をしたかったのと、この柄なら、夏のグラスの下に敷いても…と思ったので
1枚のテクスチャーシートでも、柄の取り方によって、色々な印象が…




2枚を並べて見ると…

チッ また技術に問題が… (自分なんだけれど…

これまで、こういう柄は好きな柄だけれど、目にすることはあっても自分が気にして集める。という事が
なかったけれど、テクスチャーを使用して…という技法の時には、とっても使える〜
そして、こういう柄のテクスチャーシートが、海外では販売されているって事も素敵〜
日本でも、もっと身近に手軽に手に入らないかなぁ〜
…もしかしたら、こういったテクスチャーシートを本来の目的通りに使うクラフトをされてる方は
とっくにご存じで、手軽に手に入るのに〜って思われているかもですが…

日本では情報が少ないポリマークレイ(オーブン粘土)の道工具は、いかに見つけるかで、
買い出し&リサーチの時は、これって使えないかな〜って事がかなりのウェートを占めてます
なので、めぐりあえるとすっごいウレシィ〜 しかも、これらは偶然出合ったので、
ウレシさも倍増〜 大事に使いたいと思います〜

それにしても…
またしても、急性副鼻腔炎の予感 顔の左半分がおかしい感じ…
明日、病院いかなくちゃ
| ポリマークレイ 立体系 | 23:53 | comments(0) | - | - |

実験2

昨日、実験結果の画像が〜 私の技術が〜 て書いていたら、
今日は、生徒さんにも、「へたっぴすぎ〜」と言われちゃいましたっ
サンプル画像を見て、「今回の作品は、なんだか…」と思っていたそうで、
実物を見た途端にテンションが
「あれ何で急にどう〜したの〜」と思っていると、の言葉をもらっちゃいました
…ごめ〜ん としか言いようがない… 色々、もちょっと頑張りますっ〜


で、昨日のホワイトプレートは、無地シートに、ただ単純に型押しを型抜きしただけ…で、
他の技法というか、表現の方法を、「百聞は一見にしかず」の実物見本にした方が分かりやすいかと思い、
モノトーンで作ってみたのが、プレート実験第2弾の


初めから「大理石風」だったり「御影石風」だったりの粘土があるので、それをそのまま焼いたモノと、
白&黒で表現できる、チェック、ランダムストライプ(縦、横)、マーブルの技法を使ったプレートと、
型取りで凸凹を反転させて作ったシートでの型押し…
後は、ちょっとオマケで、フェイクストーン風のプレート と、気づけばプレートだけでこんなに
そこに、パーツの引っ付け方を色々変えてみて…てのを組み合わせ…
なかなか沢山のサンプルが出来ました〜 これでまた自分の引き出しがちょっと増えた
やっぱり、見本があると、説明する時に見ていただけるので、話がスムーズになりますね〜
失くさない様に、そして、せっかくの見本なので、活用できるように、しまいこまない様にしなくっちゃ



| ポリマークレイ 立体系 | 23:08 | comments(0) | - | - |

混色実験

ポリマークレイ(オーブン粘土)だけに限った事ではないと思いますが、
同じ色名でも、メーカーによって微妙に色は異なります。
白や黒はパッと見は変わらないけれど、焼き上がりだけでも違いがあったり、
磨くと表情が変わったり…
そんな訳で、陶器の様な白って?石膏の様な白って?の疑問からはじまり、
「白っぽぃ」の色々を、よく使う2メーカーで比較実験してみました〜 


実物で見てると、すっごい差が出て、ホントによくわかる〜って感じなのに…
この画像でってば、違いがちぃ〜とも分からんっていうのは、
私の技術の未熟さに尽きるって事ですね〜…

実験は、白のみ、パールのみ、白+パール、白+半透明、パール+半透明、白+ラメ、
パール+ラメ、白+パール+半透明、白+パール+ラメ 等々で混色して
テクスチャーシートで型押しして、一緒に焼いてみたのでした〜

仕上がりの差は勿論、またまた最近の粘土の硬さ軟らかさの余りのバラツキに
ちょっとビックリ〜
来月に入ってからやろうと思っているデザインが、この柔らかさでは無理かも〜
デザイン考え直さなきゃ〜
| ポリマークレイ 立体系 | 22:56 | comments(0) | - | - |

テクスチャーシートの実験-2

1つの柄を色んな技法で…の、 昨日の実験の続きですが、
同じ技法を、ゴールド色の粘土ですると見え方がどう変わるのかもやってみました
(昨日は、全部をダークシルバーでやったから暗い〜とか言ったのに〜)

表面がツルッとなった、ゴールド色の「フレア」柄

斜めから見ると

こっちの方が、表面のツルッと感がよくわかるような…

裏は、イニシャルスタンプに、こちらもゴールド色を入れてみました〜


何か…小判みたい…デス
| ポリマークレイ 立体系 | 23:39 | comments(0) | - | - |

テクスチャーシートの実験

4月のスタンプカーニバルで購入したテクスチャーシートを使って柄の実験色々をしました
1枚のテクスチャーシートの柄を、色々な技法で表現すると、見え方はど〜なるかな〜
今回の目的です
上手くいけば、そのままキープレートorバッグチャームにならないかなぁ〜なんて思ったので
それを意識した感じの、ちょっと大き目のオーバルで。

テクスチャーシートは、「フレア」と言われる、ユリの紋章柄を使用して、
まずはプレーンに、ただシートに型押しして焼いたモノ 

テクスチャーシートの凹凸で柄がくっきりデス。
もう片面には、同じ様に型押しした後、表面をまっすぐ平らにしてから焼いたモノ

ちょっと柄が甘くなっちゃってますが…
斜めから見ると、表面に凸凹が無いのが分かります…

光の加減で柄が浮き出ている様に見える技法で、かなり磨いて光沢を出してます
手間はかかるけれど、この技法は割と好き〜

ただ…今回の実験、なぜがダーク系シルバーでやってしまったので
画像がぜ~んぶ明るくなくて…それが残念〜

| ポリマークレイ 立体系 | 23:21 | comments(0) | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--